スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
もんもん♪
最近、オモシロイベントネタもなく・・・

DMネタも、笑えない数値が続いてるので・・・ 

更新することもなく・・・・・ 


ブロ友さんのコメント欄にばっかり出没していたのですが・・・ 

そこで、ネタ拾ってきました 


ソレは、大好きな着物ネタ 


なんですが、先に言っておきます 

着物にも、色んな意味でルールがあります  ですが、そらパパ、ママ&そらやん共々、ちゃんと習ったコトがありませーん 

必要に応じて、覚えた系ですので、初歩的なことを知らなかったり、凄く玄人のようなことを知ってたり、凄く極端です 

そして、一般的に常識とされてる”着物ルール”にも、矛盾や決め付けが多いので、そういうのはそら家判断で、無視です 



と言う前置きした上で、ちょびちょび着物ネタ入れていきたいと思いまーっす 

今回は、SP♪さん  (イニシャルトークになってない??  )のコメントで、話題になった  についてのお話です 

色んな紋の名称を書いたのですが、Kッパさんから、わからーんとご指摘があり、写真を撮ってきましたー 

まず、正式なものとして、白抜き、白抜きにして紋を描く手法のもの(多分、うちでは”白抜き”とか、”染紋”とか言いますが、正式名称は、わかりませーん  )
抜紋、染紋 よく見る紋ですよねー  留袖とかも、これじゃーないですか?? 

これにも、少し種類があって、もっと濃くて、太い線のものは、白抜きしてから、紋の型のようなもので、染料を落とす(というか、切り絵の上から染料を乗せる)ものは、細くは仕上がりません 

これは、白抜きした後に、手書きで描く手法です 

そして、縫紋 縫紋 これも、それなりに格は、上のほうな感じかな・・・ 

これは、着物自体が、格が上なので、金糸でしてますが、そら家では、よく”上等のカジュアル”の着物に、この生地や模様には、普通紋は入れないけど、上等やし控え目に・・・・と、着物と共色の縫紋を入れたりします 

すると、ぱっと見  紋は、見えないんですが、よく見たらある・・・みたいな・・・ 

そして、シャレ紋で、そら家お気に入りは、加賀刺繍 加賀紋

これは、特別遊んでます  普通は、下の部分だけの紋です 

反射してて見難いですが、色がグラデーションになってます 

あくまでも”しゃれ紋”なので、正式なものにつけるというよりかは、お呼ばれ用に付けるコトが多いのと、着物の色によって、色んなグラデーションでやると、とてもカワイイ 


そして、自分のでもあると思ってたんですが、女子の紋には、つけないようで・・・・


サガラ サガラ

サガラ(相良)とは、玉結びで、柄を入れるような感じ。これは、刺繍の一種で、紋に限らず、帯にもこの刺繍のものがあります←これがあったので、自分の着物の紋にもあった気がしてましたー 


お気づきの方が、いらっしゃるかもしれません・・・ 

普通、お嫁入りしたら、実家の紋を使うものです 


そう、最後のサガラのは、父着物(丸にアゲハチョウ)、その他の母そら着物(アゲハチョウ) 

実は、そらママ実家は、蔦なんです・・・本当は・・・・

だから、そらママ結婚前の着物や、おばぁーちゃんのは・・・・アゲハじゃないんです・・・ 

なんでって??ですよね・・・・私も昔、疑問になって聞きました 





一言 




おじぃーちゃん(父方)が、決めたから・・・・・ 



うちのおじぃーちゃんは、イワユル・・・・・・イマフゥーに言うならば、アーティスティックな人でした  ←絵を描いてたわけではありませんが・・・ 


父もたまに言われますが・・・・・・心が武士のよう・・・ 



おじーちゃんは、さらにその上をいく人でした 


それでいてハイカラ 


かっこつけ 


恐ろしくガンコ 


江戸時代にいそうだけど・・・・その時代でも ↑ こんなこと言われてそうな人です 



そんなおじぃーちゃんが、結婚したそらママに一言 


”これに決まりや!  ”

と言ったかは知りませんが、決定されたそうです・・・・ 



私が、7歳ときに両親が買った家を見て、”日本家屋じゃない!”と言って、父を勘当しました 

ちなみに、おじぃーちゃんが言う”日本家屋”は、イワユル本気なヤツです 

そして、アメリカから帰ってきた19歳まで、会うことがありませんでした 

だけど・・・・・・12年ぶりに会った父に対して(ちなみにそらパパは、見た目ギャングみたいな人です  )


おじぃーちゃん ”○○←呼び捨て。オマエに話がある・・・”

を聞いて、そらやん  失神しそうになったことあります 

父を呼び捨て・・・・・おじぃーちゃん、怖すぎ・・・・ 

12年ぶりに、サシで話すって、怖すぎ・・・・

それも、もう既に体中に癌が、転移していて(勿論、治療なんておじぃーちゃんにとって、不自然なことはしません。自然に身を任せるタイプです)、寝たきりで、卵ボーロしか食べて無くって・・・痛みも凄かったらしいのに)

起き上がって、サシで勝負って・・・どういうこと・・・・ 

恐ろしや、そら家 

そんなおじぃーちゃんが、決めたことに誰も口答えしませーーーん 

こうなったら、父方の紋も、コレだったのか疑問ですが・・・ 



かわいいので許しちゃいまーーーーっす 


と言う、余談つきの”もんもん”記事でしたー 
スポンサーサイト
【2011/09/12 16:02】 | その他、日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ばれる~♪ | ホーム | そらメモ>>
コメント
えっとー
まず「紋」って家紋のコト?
縫い目にあるけど、胸に入ってるのかな?
なんにも知らないのでまだまだわからないことだらけナリ~。v-12

入ってるのかわからないオシャレなのは、わたしもスキ。
裏地がちょっとかわいい服とかね。

おじいさんの話も興味あるなぁ。カッコイイ人だったんだね。
映画の世界みたいだ!!v-20
【2011/09/12 17:02】 URL | Kッパ #-[ 編集] | page top↑
えっとー・・・その2
このタイトル大丈夫?
ちと、こわいし・・・・・

そらちゃんのお父様は、以前お洒落なおヒゲを、こちらで拝見させて頂いたと思うけど、おじーさま、さらに、すごい空気をお持ちのようですね。

となると、そらちゃんは、直系なので・・・・・♪
【2011/09/12 23:35】 URL | SP♪ #-[ 編集] | page top↑
えっとー3
コメントありがちょ~ございます♪

カッパちゃんへ
紋=家紋でーーーっす e-461
紋には、TPO&格によって、数が違いますー e-454
一ッ紋 → 背中心の衿のした(背中心が、縫ってあるから、縫い目をまたぎまーっす e-320 )

三ッ紋 → 背中と両胸 (これのイメージだったかな??) e-454

五ッ紋 → 三ッ紋+両袖 v-335

忠臣蔵なんかで、刃傷があった時の(松の廊下で)に浅野の殿様が、着てたようなのは、超正式だから、五ッ紋だし~♪

日常にある冠婚葬祭などでは、一ッ紋があれば、イケるんじゃないかなー v-290
例えば、公式のお葬式の喪主だったり、結婚式の両親とかだったりすると、五ッ紋だったりするかな~e-454
でも、逆に”お友立ちの結婚式”とかで、五ッ紋だったら、重いだろうし e-284
TPO & その時の自分の分(立場)かな・・・決まるのは~ e-420

見えないところのおしゃれなら、八掛(こんな感じかな??)袷の着物(冬)の裏、まで、模様が入ってたり、よく見ると縞でも、左右対称の色合になってたり、勿論、お襦袢の色や柄を楽しむのもいいねーe-266

でも、男子のお襦袢の方が、全く見えないのに、背中に仁王さんや、龍がいたり、おしゃれだよーん v-509

SP♪ちゃんへ
あらあら・・・・怖い・・・よく見ると・・・・ e-350
紋の話しだから、スキップしてる気分で、決めたけど~ v-441 よく見るよこわーい e-350

そら家は、この2人が強烈で・・・・・ v-509v-509 反対に、女子はナンパな性格が多くって・・・・ v-413
それに、そらママ家系は、まあ、口が減らない家系だから・・・・・v-419 ぷぷっっ
でもその2つの直系って、自分が一番怖いーーー e-350
【2011/09/13 13:15】 URL | そら #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sora080516.blog36.fc2.com/tb.php/414-742cdf56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。