スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
CAFE ごはん!!
今日は、大学時代の友達のおうちへ、友達と遊びに行ってきましたー 

彼女は、関東出身なんですが、だんなさんの転勤で、そら実家の近くに引っ越してきたんですが、

その後、そらが一人暮らしを始めちゃったもんだから、また離れちゃって 

そんな彼女が、ランチを用意してくれたんですが・・・ 

なんせ、彼女とは、大学時代・・・ ほんの数ヶ月ですが、ワンルームで同居していた仲・・・ 

だから、彼女の料理センスを・・・知ってるわけです 

怖いもの見たさに・・・・ 行ったのですが・・・・ 

御飯の前に、

cheese.jpg

こんなものが出たり・・・・・

ランチが、ちょっとカフェ風だったり 

CAFE飯


大好きなアボガドが!!! でん

その後、お菓子とお茶  と、


2人が、ハマってる(ハマってた?) GOLDEN EGGS のDVDを見て  

この GOLDEN EGGS 勿論、CMなどでは、知ってたんですが、DVDが、あるなんて  

びっくりー 

でも、納得ーーー 

オモロイ・・・・


でも、一緒に行った Eちゃんは、もう次のおもろネタが、あるらしく・・・  (名前が・・・出てこない  )

みんな、よ~知ってるな~  と、関心仕切りのそらやんです 








実は、もう一人、大学卒業後、御飯を食べに行ってた友達がいたのですが、去年、忘年会と称して集まったときに、言い合いになりました。
今回、お邪魔した友達も、結婚、出産、子育て(中)、その彼女も一緒です。だから、何年か、疎遠になっていたのが、久々に会うことに。
病気になったことすら、言ってなかった事もあり、久々に電話があったときに、言い合いになった友達じゃない子とは、病気の事を話しました。
もう一人の子は、独身で、丁度、発見された直後に、1度会っていて、話した事も覚えてます。
彼女だけが、直接話してないのですが、出産育児に、かなり気苦労や葛藤もあった(ある)ように、感じます(今、冷静に考えると)
そんな中、どうしても理解しにくいであろうこの病気の事が、言い合いの原因でした。
去年の秋ごろ、丁度、博多から新幹線で新大阪駅に着いた頃、電話がなって、”病気の事を聞いて、電話した”とのことでした。
私もちゃんと、説明もしなかったのですが、”聞いて知っている”感じに、”今も九州に行ってきた帰りで、病気は治らなくとも、色んな事ができる”と、安心してもらいたかったのですが、”たいした病気でない”と、とられてしまった感じでした。
そこから、話はこじれ、忘年会ランチで会うのも、少し億劫になっていたのですが、他の2人に会いたい気持もあるし、そこで行かない選択は、その時には、私には考えられなかった。
でも、会って、電話の時の事を正そうとした時、多分何かが壊れたんだと思います(お互いに)
自分の感情のコントロールには、そこそこ自信があったのですが、制御不能とは、こういうことかと思いました
後で考えても、自分で情けなくて、泣けてきたくらいです。
一緒にその後もランチをしてくれた2人にも、申し訳なくって、自己嫌悪がすごかった

そして、最後、彼女に”そらは、子供を産んだ事ないからこの辛さはわからない!”と言われ、帰る!と、子供をつれて、一人帰った彼女に、どうしようもない気持になった
怒りと情けなさで、震えるからだと、涙と、鼓動の早さに、測らなきゃ、と、冷静な自分
丁度、会う前に低血糖かと測って、70台、言い合った後は、確か300は超えてたと思います。
怒りで震えてたのか、たった10分くらいでここまであげた血糖からの震えなのか
それでも、自分は妙に冷静に何単位入れるか考えたり。
その後、2-3日、急に鼓動が早くなったり、血糖感知能力は、だだはずれ。
関係ない人に、この不能な自分の迷惑は掛けられないし、掛けるべきじゃないと、背中にものさし入れたように、気を張って、冷静に戻れた気がします。

今日、少しその子の話が出たのは、独身の友達が結婚式を秋にすることから・・・

彼女も呼ぼうかと。

勿論、友達にとっては、大学時代からの仲だし、でも、ある種、気も使ってくれてる。

もう一人の友達も、その後、仲を取り持てないかと、電話したそう(無理そうだったけど)

だから、いいんじゃないかな。と、返事したけど、今になって、自分の体のことを冷静に考えてみる。

お祝いの席で、前のように制御不能にならないだろうか。

もし、病気の話になって、それが受け入れられたとしても、それはお祝いの席ですることだろうか?


そして、私がああなったのは、彼女には、分かって欲しいと言う、結局、私のわがままだったのではないだろうか。

だって、仕事関係の人でも、何度言っても理解しない アホ 人はいるけど、そんな人には、こんな風にはならない。

別に、理解してもらえなくっても、何か言われても、言い返したとしても、笑いながら、おちゃらけでイケる

もしかしたら、私が、分かって欲しいと押し付けてるだけな気がする。

だって、彼女だって、見知らぬ所で、結婚出産、育児、一番辛かった時期なのかもしれない。

もしかしたら、”私、私”と、なっていたのはそらかもしれない。

もっと、彼女の声を聞くべきだったのかもしれない。

でも、よじれてしまった状態で、他の友達の結婚式に出ると言う事も、どうなのかと思い始めた

そして、結局は、自分の体や心のことを考えても、いい選択肢とは思えなくなってきてる


と、完全に独り言になってしまった。悩んでるわけではありません。

落ち込んでるわけでもありません

あしからず・・・ 

何となく綴ってみたくなった

前回の忘年会ランチのときも、実は、記事を書いて、ボツにしてたから。

文字にして、整理したって感じです。

だから、勝手ですがコメントは無しにさせていただきます



スポンサーサイト
【2010/03/29 00:59】 | IDDM | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。